不妊でよかった! ~不妊治療も私の人生の1ページ。幸せのためにもがくっていいじゃない。

不妊治療は辛いことしかない。我慢して耐えて色々なものを失って、疲弊していくだけ。そんなの悲しい。不妊だからこそ良かったことがあるはず。小さな喜びを見つけて、毎日を明るく生きていくための逆転発想ブログ

MENU

加藤レディースクリニック(KLC)へ転院 1周期目 採卵ならず~初診とサプリメントの落とし穴~

加藤レディースクリニック(KLC)へ転院 初診

 

 

前の病院にての最後の人工授精が陰性に終わり、前から決めていたKLCに転院しようと決意しました。

 

KLCを選んだ理由

①第一に、一番有名だったから

「ここでダメなら諦める」という口コミでかなり勇気をもらいました。せっかくやるのでしたら、やはり症例が多い病院でやりたいと思っていました。

 

朝7:30~予約が取れる

これも仕事をしながら不妊治療をする私には重要な点でした。

採卵は時間が決められてしまうし、移植もほぼ一日がかりなので、その2日は何とか休みを取らなければなりませんが、ホルモン値検査や卵胞チェックの日まで休むわけにはいきません。

幸運なことに遅めスタートの仕事だったのて、7:30に予約を取れば、何とか間に合うだろうという計算でした。

 

注:この7:30の予約は、お仕事をしながら通っている方はみんな狙っているので、2~3日後の通院指示が出た時には、すでに埋まっていることもありました。また、7:30に予約が取れたとしても、その時間に何十人も並んでます。7時前には行って並ぶようにしていました。

また、なぜか判定日は8:00~の予約となっていました。

 

自然周期での採卵する方針だから

私の場合、この時すでに39歳になっており、前の病院でクロミッドとフォリルモンを一日おきに打っても、卵がそれほど育ちませんでした。

また、その時体外受精をしていた友人3人が(3人とも38歳、39歳が2人)高刺激の病院で不妊治療をしていましたが、卵は取れても5個が最高で、その5個だった友人も移植までできる卵は1個のみでした。

 

若けれはたくさん卵を取って、培養して胚をたくさん凍結することができますが、高齢だと、結局は有効な卵が1~2個であるという説が正しい気がしました。

また、高刺激だと何度も病院に通わねばならずさらに採卵時には麻酔を使用するので、回復が遅く、遅刻して仕事に行くことも難しのではないかと思いました。

 

KLCでは、順調な方なら

①D3 →採血をしてホルモン値を見る+診察(診察時間は質問がなければ3分)

②D12~D13 →採血+内診(エコーにて卵胞の大きさをみる)+診察

これで2日後の採卵が決まる

③D14~D15 採卵

④その2日後 移植(新鮮分割胚の場合)

⑤その12日後 判定日

 

と、月に5回の通院で済みます。

 

仕事をしながらの通院となると、正直そこまで選択肢はありませんでしたが、もっとも有名な病院になんとか通えそうだとわかりホッとしたのを覚えています。

 

 

予約の仕方

HPから初診の予約をしました。なかなか取れないという前振りでしたが、たまたまなのか生理3日目(D3)の予約が出来ました。

直前の人工授精の結果が出る前に、おそらく生理がくる日を計算して予約をしておいたのが良かったのかもしれません。

 

最後の人工授精が薬を一切使わない完全自然周期だったので、このままこの周期で採卵するつもりでした。

というのも、KLCの系列店であるSAC(新宿アートクリニック)にて一足先に体外受精を開始していた友人が、その周期でいきなり採卵となったのです。治療方針はほぼ同じということで、前のめりだった私は、やる気満々でした。

 

初診

午後の一番遅い時間に予約を取りました。転院といっても、特に前の病院から紹介状を書いてもらわなかったのですが、検査結果を持っていくだけで問題ありませんでした。

すでに済ませてある検査は不要ですが、ホルモン値の検査のため採血をしました。

 

その後、先生とのお話で、数値としては特に悪いところはないと言われてほっとしました。体外受精は初めてで、無麻酔での採卵におびえてはいたものの、今週期から採卵ができることがうれしかったです。

 

予期せぬことで採卵できず

ところが・・・

 

これまでの治療歴や既往歴などを記入するのですが、ここでとてもショックなことがおきました。「服用しているサプリ」のところに、当時せっせと飲んでいた「ベルタ」と書いておきました。ちゃんと葉酸もとってますよーという意思を見せるぐらいの勢いでかいておいたのに、先生からなんと

 

今期は採卵できません

 

とのお言葉が。

 

驚いて聞き返すと、「これねー、裏にいろいろ成分書いてあるでしょ?それだと、ホルモン値変わっちゃうからだめなんだよ。すぐにやめてください。また来週期ね

 

ものすごくショックでした。「ええー!これって妊活サプリとして有名なやつですよ??どうしてダメなんですか??」と半泣きになりながら聞くと、

 

「だからね、葉酸だけ、とかせめて葉酸と鉄、とかだったらいいんだけどね、それ以外は正確に体の状態を見れなくなるからだめなんです。次の生理がきて、今体にある成分がなくなってから、来週期にまたみましょう。葉酸取りたいなら、葉酸と鉄くらいのサプリじゃないとだめだよ

 

そ、そんな・・・・。少しでも何かやりたくて、頑張って飲んでたもののせいで体外受精できないなんて(しかも、ほかのサプリに比べて結構高い

 

注意:KLCだけかもしれませんし、その当たった先生だけかもしれませんが、でも実際に私はこれで1周期のがしてしまったので、これからKLCに通うことをお考えの方は、気を付けた方がいいかもしれません。

なお、体外受精などではなくてタイミングで妊活を頑張っている人には全く問題ないと覆います。こちらのサプリを否定しているのではありません。

成分をしっかり確認して、このサプリメントに変えました。↓

 

飲みにくいと困ると思い、まずはお試しだけだったのですが、結局リピートして一年くらいたちました。

(飲み始めたのが2017年の6月くらい)

初めから定期購入しとけばもっと安かったのにー。サプリは係属しないと意味ないですからね・・・。

 

初めは気休めくらいに思っていたのですが、ここ数か月体調もいいですし、何よりも卵が複数個取れて、質もあがってきました。

体づくりのために、もっと早めに始めればよかったです・・・。

 

あの時のがっかり感は今でも思い出します。主人とも何度も話し合って、時にはケンカをしてそれでも思い切って体外受精をしようと決めたのに。

しかも、前のめりだった私は、当時生理周期がはっきりしていたのをいいことに、採卵と移植に当たる日を予想して、早めの夏休みとして1週間仕事を休みを取ってしまっていました・・・ばか。

 

1周期目のまとめ

かくして私のKLC1周期目はあっけなく終了しました。

もし、これからKLCへの通院をお考えの方はどうぞお気を付けください。

妊活をしていると、藁をもつかむ気持ちでいろいろな食品や飲み物に手を出しがちですが、医師の指示以外のことは控えた方が良いのかもしれません。

明らかに悪質な妊活商品などにも気を付けたいです。頑張る方向性を見失わないように、余計な出費はしないように。

医学的なことは素人にはわかりません。妊娠出産は奇跡だとは思いますが、できることはとにかく早めに初めて後悔しないようにしたいです。

 

ちなみに、先ほどご紹介したサプリメントは、40才で体外受精にて妊娠、出産した友人からのおすすめでした。実際にうまくいった人の意見はちゃんと聞くべきですね。

何となく、不妊治療のことって相談しにくいですが、この友人から勧められたものは本当に効果があります。(ベルタよりも全然安いし・・・)

もしよろしければ。↓

 

 

 またKLCは、2018年の10月~午後の診療は縮小となるようです。今でも激込みなので、どうなることやら・・・

KLCをお考えの方は、そこら辺をよくご確認の上、病院をお決めになると良いと思います。