不妊でよかった! ~不妊治療も私の人生の1ページ。幸せのためにもがくっていいじゃない。

不妊治療は辛いことしかない。我慢して耐えて色々なものを失って、疲弊していくだけ。そんなの悲しい。不妊だからこそ良かったことがあるはず。小さな喜びを見つけて、毎日を明るく生きていくための逆転発想ブログ

MENU

加藤レディースクリニックで不妊治療3周期目 ~いつから生理を数える?と初の凍結

KLC 3周期目

f:id:tono-riko:20180921130742j:plain

 またまたあっさりと2周期目が終わり、時間とお金だけがふっとんでいく毎日です。

生理がとにかく早くきてほしいとばかり祈っていました。

 

D4  ホルモン値検査

本当はD3指示でしたが、仕事の都合でD4に受診。KLC4は、D2かD4だったら大丈夫そう。もちろん、正確な数値のためにはD3に行くのがいいと思いますが。

そもそも、このD3というのが曲者で、いつ生理が始まったのかを断定するのが難しくて困ります。若い時には、鮮血が出るので今日が生理一日目とわかるのですが、

ここ1年くらいは、茶色いものが少量つくくらいの状態が2日くらい続くようになりました。初めは、生理が始まったのかな??とこの日を一日目として数えていましたが、どうやら違うようで。鮮血が始まった日を一日目とするらしいです。

ただですね、鮮血が夜に始まった場合(例えば、茶オリが2日続いていて、夜11時に鮮血を発見してしまった場合)その日を一日目と数えていいのかどうか・・・

とにかく、謎だらけで、病院に問い合わせたりしたのですが、いつも答えは「まあ、それでいいでしょう」てきな感じだったので、私の中でもそこまで厳密に考えなくなりました。

 

*過去を思い出しながら書いています。現在も治療中ですが、茶オリが2日続き、鮮血が出た日をD1と考えてD3に受診したところ、「採血の結果が、D3の数値なのでその考え方で合っています」と言われました。

体外受精でも重要なことだと思いますが、特にタイミングで妊活をしている方にとっても生理開始日は重要なことだと思いますので、ご参考まで。

 

ホルモン値

E2 → 28

FSH → 11.7

 

この日からクロミッドを夕食後に1錠飲む。

 

D13  ホルモン値検査と内診

 

ホルモン値

E2 → 209

LH → 9.9

P4 → 0.4

FSH → 27.3

 

内診

卵1個を計っていたが、まだ大きさも小さいそう。

クロミッド5日分追加

 

D18 ホルモン値検査と内診 採卵日決定

ホルモン値

E2 → 892

LH → 9.7

P4 → 0.6

FSH → 13.0

 

内診

右 20mm

左18mm、18mm

で計3個。育ってきているので、2日後のD20に採卵が決定しました。

 

D20 採卵日

成熟卵2個

 

3個の予定でしたが、実際に取れた卵は2個でした。

翌日の受精確認では無事に2個とも受精ができ、前回の関門は突破。

さらに翌日に分割確認の電話を入れて、これまた2個とも無事分割が進んだとのこと。

この時点で、一つは凍結をして、もう一つはさらに培養を続けて胚盤胞をめざします。

 

後日、胚盤胞になったかの電話確認をしたのですが、残念ながら分割が途中で止まってしまい、培養中止になったとのこと。

うーん、胚盤胞になるのは50%くらいの確率だというし、仕方がないのかな。

一つは初期胚を凍結できたので良しとしよう。

 

風疹の抗体の注射をしているので、今期も移植はNG。来周期はようやく初めての移植です。

 

3周期目を振り返って

1周期目と2周期目があっさりとダメになってしまい、自分でも驚くほどのショックを受けてしまい、何日も落ち込んでしまいました。それを見ていた旦那さんから、「そんなに一喜一憂するな!そんなに簡単に行くものと思ってないから、もっとフラットでいろ」と、落ち込んでいるときに追い打ちをかけるような言葉を浴びせられて、喧嘩になりました。

私としては、「落ち込んでいるときになんでそんなに怒るの!?私みたいに真剣に考えてないからそんな事言えるんだ。フラットでなんかいられるはずないじゃん!」

と思っていたのですが、不妊治療は本当に長い戦いで、いくつも関門があります。確かに一喜一憂していたら身が持ちません。それに、治療にばかり目が行ってしまって日常を楽しむ余裕がなくなっているのも事実でした。

 

悔しいけれど、主人の言う通り、やるべきことはやって、後はあんまり考えないようにしようと思えたころでした。悔しいけど。ほんとにむかつくけど