不妊でよかった! ~不妊治療も私の人生の1ページ。幸せのためにもがくっていいじゃない。

不妊治療は辛いことしかない。我慢して耐えて色々なものを失って、疲弊していくだけ。そんなの悲しい。不妊だからこそ良かったことがあるはず。小さな喜びを見つけて、毎日を明るく生きていくための逆転発想ブログ

MENU

採卵6回目 まだまだ試練は続く|加藤レディースクリニックで体外受精

KLCにて不妊治療8周期目|6回目の採卵 まだまだ試練は続く

 

f:id:tono-riko:20181003164344j:plain

2回目の移植が陰性に終わり、幸か不幸かHCGが0.1だったので、そのまますんなりと生理を迎えました。

 

www.tonoriko.work

 

ダメだった時に次に向かうには少し時間がかかるものの、落ち込んでる暇はありません。少しずつ心をフラットに保てるようになっていました。

というのも、不妊治療を続けていて妊娠しやすい体を作る事にも注力できるようになったからかもしれません。飲み始めたサプリメントの効果か、基礎体温も安定するようになりましたし、温活グッズを初めて数か月で明らかに体調がよくなりました。

そんなにすぐには卵に反映されないかもしれませんが、このまま頑張れば必ず良い結果につながる自信が出てきました。

 

KLCにて採卵6回目 D2 ホルモン値検査

 

E2 → 35

FSH → 14.1

 

ホルモン値問題なしとのことで、翌日のD3からまたクロミッドの服用開始。

 

KLCにて採卵6回目 D13 ホルモン値検査と卵胞チェック

 

E2 → 1140

LH → 8.3

P4 → 0..5

 

ホルモン値も順調に上がり、内診の卵胞チェックでは、2個がほぼ同じ大きさで育っていました。いい感じです。2日後のD15に採卵が決定しました。

 

KLCにて採卵6回目 D15 採卵

今頃気づいたのですが、KLCでは採卵する階が2フロアあり、3回くらいは8階で採卵するのですが、それ以降はフロアを移動して7階になるようです。気づくのおそっ。

大ベテランの域になってしまいました。採卵に慣れている人たちということで、割とさっさと順番が回ってきます。ぼけっとしてると慌てることになるので注意しなくては。毎回緊張感はあるはずなのですが、がっかりしないようにする自衛本能からか、なんとなくほかのことを考えながら採卵準備をするようになってきました。

その方がいいですね。思い詰め始めたら恐怖と不安に押しつぶされてしまいそうになります。

 

採卵では、内診の通り2個とれました。2個とも成熟卵でした。よかったです。

今回は、両方とも胚盤胞を目指すことにしました。

 

KLCにて採卵6回目 D16 受精確認 

採卵の翌日に受精確認。精子の状態はいつも割といいので、今回もふりかけでお願いしました。結果は、2個とも無事に受精したとのこと。ひとまずほっとしました。

次は凍結確認です。

 

KLCにて採卵6回目 D21 凍結確認

受精した卵が胚盤胞で凍結できたかKLCに電話をして確認します。

結果は・・・。2個とも胚盤胞の直前までいったのですが、残念ながら凍結できなかったとのこと。うーん、なかなか厳しいですね。やっぱり悔しいし悲しかったです。

 

KLCにて採卵6回目をふり返って

それでも、以前よりは卵が胚盤胞の直前まで行くようになりました。

少しずつですが、サプリと温活の結果が出てきたように思います。後は、心をフラットに保つことと、妊活以外のことを楽しむようにしている効果で地の底まで落ち込むことはなくなりました。もしくは、地の底まで落ち込んでも割とすぐに浮上することができるようになりました。

体が健康になってきたので、思考もポジティブになってきたのか。体と心は割と比例することを実感しているので、これからもサプリ、温活、運動を頑張って健康を保って頑張ろうと思えた周期でした。